• [ 商品コード ] 892
  • ISBN978-4-88378-892-7
  • ARDS 診療ガイドライン2016 【Part 2】
    -GRADEシステムを用いたシステマティックレビューと推奨-

本書は、ARDS疾患に対する様々な治療法のエビデンスに関する、13の臨床疑問(CQ)に対して国際標準のGRADEシステムを用いてシステマティックレビューを行い、推奨を明示している。
(※なお、「Part 1」につきましては、日本呼吸器学会が発行する予定になっておりますので、学会にお問合せください。TEL:03-5805-3553)



仕様:172ページ/A4判/定価(本体 3,000円+税)/2016年8月発行



編集:3学会合同ARDS診療ガイドライン2016作成委員会
   一般社団法人 日本呼吸器学会
   一般社団法人 日本呼吸療法医学会
   一般社団法人 日本集中治療医学会



国際標準のGRADEシステムを用いてシステマティックレビューを行い,
様々な臨床課題に対する「推奨」を提示.
一歩先に進んだ質の高いARDS診療ガイドラインである.

[訂正とお詫び]


【目 次】

本診療ガイドラインの基本理念・概要
診療ガイドラインの作成方法の概略
CQ-推奨の読み方・使い方
ARDS診療ガイドラインCQ一覧ダイジェスト

CONTENTS Part2

CQ1 成人ARDS患者において,早期気管切開を行うべきか

 1 背景,この問題の優先度
 2 解 説
   エビデンスの要約
 3 パネル会議
   3-1. アウトカム全般に関するエビデンスの質はどうか?
   3-2. 利益と害のバランスはどうか?
   3-3. 患者の価値観や好みはどうか?
   3-4. 正味の利益とコストや資源のバランスはどうか?
   3-5. 推奨のグレーディング
 4 関連する他の診療ガイドラインの記載
 5 治療のモニタリングと評価
 6 今後の研究の可能性
 7 文献検索式と文献選択
 8 本CQで対象としたRCT論文
 9 エビデンス・プロファイル
 10 Evidence-to-Decision
 11 フォレストプロット

CQ2 成人ARDS患者の初期の呼吸管理として
    非侵襲的陽圧換気(NPPV)を行うべきか

 1 背景,この問題の優先度
 2 解 説
   エビデンスの要約
 3 パネル会議
   3-1. アウトカム全般に関するエビデンスの質はどうか?
   3-2. 利益と害のバランスはどうか?
   3-3. 患者の価値観や好みはどうか?
   3-4. 正味の利益とコストや資源のバランスはどうか?
   3-5. 推奨のグレーディング
 4 関連する他の診療ガイドラインの記載
 5 治療のモニタリングと評価
 6 今後の研究の可能性
 7 文献検索式と文献選択
 8 本CQで対象としたRCT論文
 9 エビデンス・プロファイル
 10 Evidence-to-Decision
 11 フォレストプロット

CQ3 成人ARDS患者において人工呼吸を実施する際,
    一回換気量を低く設定するべきか

 1 背景,この問題の優先度
 2 解 説
   エビデンスの要約
 3 パネル会議
   3-1. アウトカム全般に関するエビデンスの質はどうか?
   3-2. 利益と害のバランスはどうか?
   3-3. 患者の価値観や好みはどうか?
   3-4. 正味の利益とコストや資源のバランスはどうか?
   3-5. 推奨のグレーディング
 4 関連する他の診療ガイドラインの記載
 5 治療のモニタリングと評価
 6 今後の研究の可能性
 7 文献検索式と文献選択
 8 本CQで対象としたRCT論文
 9 エビデンス・プロファイル
 10 Evidence-to-Decision
 11 フォレストプロット

CQ4 成人ARDS患者において人工呼吸を実施する際,
    プラトー圧をどう設定すればよいか

 1 背景,この問題の優先度
 2 解 説
   エビデンスの要約
 3 パネル会議
   3-1. アウトカム全般に関するエビデンスの質はどうか?
   3-2. 利益と害のバランスはどうか?
   3-3. 患者の価値観や好みはどうか?
   3-4. 正味の利益とコストや資源のバランスはどうか?
   3-5. 推奨のグレーディング
 4 関連する他の診療ガイドラインの記載
 5 治療のモニタリングと評価
 6 今後の研究の可能性
 7 文献検索式と文献選択
 8 本CQで対象としたRCT論文
 9 エビデンス・プロファイル
 10 Evidence-to-Decision
 11 フォレストプロット

CQ5 成人ARDS患者において人工呼吸を実施する際,
    PEEPをどう設定すればよいか

 1 背景,この問題の優先度
 2 解 説
   エビデンスの要約
 3 パネル会議
   3-1. アウトカム全般に関するエビデンスの質はどうか?
   3-2. 利益と害のバランスはどうか?
   3-3. 患者の価値観や好みはどうか?
   3-4. 正味の利益とコストや資源のバランスはどうか?
   3-5. 推奨のグレーディング
 4 関連する他の診療ガイドラインの記載
 5 治療のモニタリングと評価
 6 今後の研究の可能性
 7 文献検索式と文献選択
 8 本CQで対象としたRCT論文
 9 エビデンス・プロファイル
 10 Evidence-to-Decision
 11 フォレストプロット

CQ6 成人ARDS患者において,プロトコール化
    された人工呼吸器離脱を行うべきか

 1 背景,この問題の優先度
 2 解 説
   エビデンスの要約
 3 パネル会議
   3-1. アウトカム全般に関するエビデンスの質はどうか?
   3-2. 利益と害のバランスはどうか?
   3-3. 患者の価値観や好みはどうか?
   3-4. 正味の利益とコストや資源のバランスはどうか?
   3-5. 推奨のグレーディング
 4 関連する他の診療ガイドラインの記載
 5 治療のモニタリングと評価
 6 今後の研究の可能性
 7 文献検索式と文献選択
 8 本CQで対象としたRCT論文
 9 エビデンス・プロファイル
 10 Evidence-to-Decision
 11 フォレストプロット

CQ7 成人ARDS患者において,腹臥位管理を行うべきか
 1 背景,この問題の優先度
 2 解 説
   エビデンスの要約
 3 パネル会議
   3-1. アウトカム全般に関するエビデンスの質はどうか?
   3-2. 利益と害のバランスはどうか?
   3-3. 患者の価値観や好みはどうか?
   3-4. 正味の利益とコストや資源のバランスはどうか?
   3-5. 推奨のグレーディング
 4 関連する他の診療ガイドラインの記載
 5 治療のモニタリングと評価
 6 今後の研究の可能性
 7 文献検索式と文献選択
 8 本CQで対象としたRCT論文
 9 エビデンス・プロファイル
 10 Evidence-to-Decision
 11 フォレストプロット

CQ8 成人ARDS患者において,高頻度振動換気
    (HFO)を行うべきか

 1 背景,この問題の優先度
 2 解 説
   エビデンスの要約
 3 パネル会議
   3-1. アウトカム全般に関するエビデンスの質はどうか?
   3-2. 利益と害のバランスはどうか?
   3-3. 患者の価値観や好みはどうか?
   3-4. 正味の利益とコストや資源のバランスはどうか?
   3-5. 推奨のグレーディング
 4 関連する他の診療ガイドラインの記載
 5 治療のモニタリングと評価
 6 今後の研究の可能性
 7 文献検索式と文献選択
 8 本CQで対象としたRCT論文
 9 エビデンス・プロファイル
 10 Evidence-to-Decision
 11 フォレストプロット

CQ9 成人ARDS患者において人工呼吸を実施する際,
    筋弛緩薬を使用するべきか

 1 背景,この問題の優先度
 2 解 説
   エビデンスの要約
 3 パネル会議
   3-1. アウトカム全般に関するエビデンスの質はどうか?
   3-2. 利益と害のバランスはどうか?
   3-3. 患者の価値観や好みはどうか?
   3-4. 正味の利益とコストや資源のバランスはどうか?
   3-5. 推奨のグレーディング
 4 関連する他の診療ガイドラインの記載
 5 治療のモニタリングと評価
 6 今後の研究の可能性
 7 文献検索式と文献選択
 8 本CQで対象としたRCT論文
 9 エビデンス・プロファイル
 10 Evidence-to-Decision
 11 フォレストプロット

CQ10 成人ARDS患者において,日々の水分バランス
    をどのように維持すればよいか

 1 背景,この問題の優先度
 2 解 説
   エビデンスの要約
 3 パネル会議
   3-1. アウトカム全般に関するエビデンスの質はどうか?
   3-2. 利益と害のバランスはどうか?
   3-3. 患者の価値観や好みはどうか?
   3-4. 正味の利益とコストや資源のバランスはどうか?
   3-5. 推奨のグレーディング
 4 関連する他の診療ガイドラインの記載
 5 治療のモニタリングと評価
 6 今後の研究の可能性
 7 文献検索式と文献選択
 8 本CQで対象としたRCT論文
 9 エビデンス・プロファイル
 10 Evidence-to-Decision
 11 フォレストプロット

CQ11 成人ARDS患者において,好中球エラスターゼ
    阻害薬を使用するべきか

 1 背景,この問題の優先度
 2 解 説
   エビデンスの要約
 3 パネル会議
   3-1. アウトカム全般に関するエビデンスの質はどうか?
   3-2. 利益と害のバランスはどうか?
   3-3. 患者の価値観や好みはどうか?
   3-4. 正味の利益とコストや資源のバランスはどうか?
   3-5. 推奨のグレーディング
 4 関連する他の診療ガイドラインの記載
 5 治療のモニタリングと評価
 6 今後の研究の可能性
 7 文献検索式と文献選択
 8 本CQで対象としたRCT論文
 9 エビデンス・プロファイル
 10 Evidence-to-Decision
 11 フォレストプロット

CQ12 成人ARDS患者において,ステロイドを投与すべきか
 1 背景,この問題の優先度
 2 解 説
   エビデンスの要約
 3 パネル会議
   3-1. アウトカム全般に関するエビデンスの質はどうか?
   3-2. 利益と害のバランスはどうか?
   3-3. 患者の価値観や好みはどうか?
   3-4. 正味の利益とコストや資源のバランスはどうか?
   3-5. 推奨のグレーディング
 4 関連する他の診療ガイドラインの記載
 5 治療のモニタリングと評価
 6 今後の研究の可能性
 7 文献検索式と文献選択
 8 本CQで対象としたRCT論文
 9 エビデンス・プロファイル
 10 Evidence-to-Decision
 11 フォレストプロット

CQ13 成人ARDS患者において下記の薬剤を使用するべきか
 1 背景,この問題の優先度
 2 解 説
   エビデンスの要約
 3 パネル会議
   3-1. アウトカム全般に関するエビデンスの質はどうか?
   3-2. 利益と害のバランスはどうか?
   3-3. 患者の価値観や好みはどうか?
   3-4. 正味の利益とコストや資源のバランスはどうか?
   3-5. 推奨のグレーディング
 4 関連する他の診療ガイドラインの記載
 5 治療のモニタリングと評価
 6 今後の研究の可能性
 7 文献検索式と文献選択
 8 本CQで対象としたRCT論文
 9 エビデンス・プロファイル
 10 Evidence-to-Decision
 11 フォレストプロット

パブリックコメント

  • [ 商品コード ] 892
  • 価格3,240円(税込)
    (税抜価格3,000円)
  • 販売中
  • この商品を友達にすすめる
  • この商品について問い合わせる
  • 返品の条件につきまして
戻る
新着商品
書店での購入
書店経由での受け取り・支払いについてはこちら。
営業カレンダー
11月の営業日
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
12月の営業日
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
土・日・祝日は受注及び発送業務を行っておりません。 その旨ご了承の程、よろしくお願いいたします。
会社説明

総合医学社 〒101‐0061
東京都千代田区三崎町1-1-4
TEL 03-3219-2920
FAX 03-3219-0410


 ┣ 会社概要
 ┣ 20年のあゆみ
 ┗ 社員募集

ご購入者特典

小児臨床検査基準値

輸液製剤一覧

救急・集中治療ガイドライン

消化器内視鏡レクチャー

委託出版

委託出版

音楽事業部

プラチナボックス

プラクティカル看護セミナー

医学教育研究所

おすすめ

治療薬事典

小児科学レクチャー

スマフォ用