• [ 商品コード ] 548
  • ISBN978-4-88378-548-3
  • 不整脈
    -その常識は正しいか?-


不整脈
─その常識は正しいか?─
Vol 29 No 3・4

仕様:160ページ/B5判/定価(本体 4,600円+税)/2017年3月発行

特集編集:里見 和浩(東京医科大学 循環器内科)


【目 次】
Ⅰ 徐脈 -その常識は正しいか?-
 ・完全房室ブロックにはすべてペースメーカを考慮すべきか?
 ・デバイス植え込み患者のMRI撮影は可能か?
 ・徐脈頻脈症候群にはすべてペースメーカを挿入すべきか?
 ・ペースメーカ感染においては、リード・本体を完全に抜去すべきか?

Ⅱ 心房頻脈性不整脈 -その常識はただしいか?-
 ・持続性心房細動と診断したら抗凝固療法を導入すべきか?
 ・48時間以上持続している心房細動の電気ショック時に、経食道エコーは必須か?
 ・心不全を合併した心房細動例は洞調律維持が望ましいか?
 ・心房粗動と心房細動で治療方針に違いがあるか?
 ・低心機能例におけるレートコントロールの第一選択は、β遮断薬か? アミオダロンか?
 ・抗凝固療法の第一選択はDOAC(direct oral anticoagulant)か?
 ・心房細動患者のBNP上昇は心不全なのか?

Ⅲ 心室頻脈性不整脈 -その常識はただしいか?-
 ・繰返す心室細動において第一選択はアミオダロンか?
 ・すべてのwide QRS頻拍は電気ショックの適応か?
 ・腎不全合併例に用いる抗不整脈薬はアミオダロンのみか?
 ・急性心筋虚血に合併する心室頻拍にはICDは不要か?
 ・ブルガダ症候群の心室細動ストームに抗不整脈薬は有効か?
 ・どの程度QT延長をきたしたら、アミオダロンやニフェカラントは中止すべきか?
 ・甲状腺機能異常を認めたらアミオダロンは中止すべきか?
 ・肺実質病変がある患者にアミオダロンは禁忌か?
 ・失神の既往のある肥大型心筋症はICDの適応か?

索引
  • [ 商品コード ] 548
  • 価格4,968円(税込)
    (税抜価格4,600円)
  • 販売中
  • この商品を友達にすすめる
  • この商品について問い合わせる
  • 返品の条件につきまして
戻る
新着商品
書店での購入
書店経由での受け取り・支払いについてはこちら。
営業カレンダー
12月の営業日
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
1月の営業日
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
土・日・祝日は受注及び発送業務を行っておりません。 その旨ご了承の程、よろしくお願いいたします。
会社説明

総合医学社 〒101‐0061
東京都千代田区三崎町1-1-4
TEL 03-3219-2920
FAX 03-3219-0410


 ┣ 会社概要
 ┣ 20年のあゆみ
 ┗ 社員募集

ご購入者特典

小児臨床検査基準値

輸液製剤一覧

救急・集中治療ガイドライン

消化器内視鏡レクチャー

委託出版

委託出版

音楽事業部

プラチナボックス

プラクティカル看護セミナー

医学教育研究所

おすすめ

治療薬事典

小児科学レクチャー

スマフォ用