検索
[商品コード] 664



仕様:128ページ/B5判/定価(本体 2,400円+税)/2018年6月発行



著者:石松 伸一(聖路加国際病院 副院長/救急部 部長)


【目 次】

Part1 急変のキホン
 1-1急変とは何か
  急変の定義/急変対応のポイント/急変の病態
 1-2 急変時のABCD
  A:Anticipate(急変を予測する)/B:Behave(行動)/C:Communication(意思疎通)/D:Document(記録)
 1-3 ドクターコールのコツ
  効果的なドクターコールとは/コミュニケーションツールのSBAR(エスバー)とは/SBARで報告してみる
 1-4 チームで行う急変対応
  RRTとEMT/RRS

Part2 症状別にみる急変対応
 2-1 意識障害①(原因と意識レベルの判定方法)
  意識障害の原因/意識レベルの判定/意識障害のフィジカルアセスメント
 2-2 意識障害②(意識障害を引き起こす頭蓋内病変)
  脳の障害部位と異常呼吸パターン/障害による瞳孔の大きさと対光反射/姿勢異常
 2-3 呼吸苦(呼吸困難と呼吸不全)
  呼吸困難/NPPV(BiPAP)/呼吸生理を理解する/呼吸不全とは/事例からみた呼吸不全
 2-4 ショック
  ショックの分類と全身の循環状態/循環血液量減少性ショック/心原性ショック/心外閉塞・拘束性ショック/血液分布異常性ショック/心原性ショックの落とし穴/事例で考えてみよう/血圧/出血性ショックにおける血圧の変化/感染性(敗血症性)ショックにおける血圧の変化
 2-5 アナフィラキシーショック
  CT撮影中の落とし穴/アナフィラキシーの概念とは/アナフィラキシー症状のキホン/アナフィラキシーの治療/アナフィラキシー治療の落とし穴
 2-6 けいれん
  けいれん対応のキホン/事例で考えてみよう
 2-7 腹痛
  腹痛対応のキホン
 2-8 転倒・転落
  転ばないためにはどうする

Part3 急変後の対応
 3-1 復習,急変時のABCD
  まずは復習,急変時のABCD
 3-2 急変後に対応すること
  急変後にすること/医療事故調査・支援センターの役割とは

索 引
価格
2,592円(税込)
(税抜価格2,400円)
ご予約
PAGE UP
株式会社総合医学社