検索
[商品コード] 657



仕様:152ページ/B5判/定価(本体 2,800円+税)/2017年10月発行



監修:中嶋 秀人


【目 次】

Part1 脳血管障害の知識
 1.脳の解剖・生理を理解しよう
  神経系の構造/大脳の機能/脳の血管/脳幹の構造/小脳と大脳基底核の機能
 2.脳血管障害の病態生理を理解しよう
  脳血管障害の定義と分類/脳出血/くも膜下出血/ラクナ梗塞/アテローム血栓性脳梗塞/心原性脳塞栓症/一過性脳虚血発作/発症後も進行する脳梗塞/脳血管障害の変遷とリスクファクター
 3.脳血管障害の多彩な症状を理解しよう
  脳血管障害の症状と特徴/脳血管障害の診療に用いるスケール/神経診察のプロセス/高次脳機能障害
 4.脳血管障害の検査・診断法を理解してケアに活かそう
  脳血管障害の診療手順/CT/MRI/MRA/頸動脈超音波検査/脳血管撮影/その他の検査
 5.血管障害の治療法を理解してケアに活かそう
  チーム医療と医療連携/急性期脳梗塞治療の意義/急性期脳梗塞治療のポイント/血栓溶解療法と血栓回収療法/リハビリテーション/地域医療連携クリティカルパス/脳梗塞慢性期の治療~再発予防~/脳血管内治療

Part2 疾患別の病態観察と看護
 1.はじめに~急性期看護の考え方~
 2.脳梗塞
  a.看護に必要な脳梗塞の基礎知識
   バイタルサインの安定/診断・検査・説明/治療開始/血圧管理・症状観察/急性期リハビリテーション
  b.脳梗塞急性期をより詳しくみよう
   脳血管が閉塞しやすい部位
  c.事例で急性期脳梗塞の看護を考えよう
 3.脳出血
  a.看護に必要な脳出血の基礎知識
   診断・検査・説明/治療開始/血圧管理・症状観察/回復/高血圧性脳出血の手術適応とは?/脳出血が頻発する部位
  b.事例で脳出血の看護を考えよう
 4.くも膜下出血
  a.看護に必要なくも膜下出血の基礎知識
   治療ステージⅠ/治療ステージⅡ/治療ステージⅢ/スパズムの予防と対応方法
  b.くも膜下出血の部位別観察ポイント
  c.ドレナージ管理
   脳室/脳槽/脳室/脳槽ドレナージ
  d.事例でくも膜下出血の看護を考えよう

Part3 回復支援と患者・家族ケア
 1.回復支援のために何をみる?
  背面開放座位/ROM訓練
 2.急性期疾患と家族ケア
  家族とは/家族ケアとは
 3.回復支援の観察とケア
  安静臥床がもたらす合併症/脳血管障害再発予防
 4.ICFモデル
  ICFモデル/ICFモデルの応用
 5.機能変化と心理状態
  発症から回復期まで/自己効力感
価格
3,024円(税込)
(税抜価格2,800円)
販売中
PAGE UP
株式会社総合医学社