検索
[商品コード] 643
★ケースレポートのまとめ方と指導のポイントがわかる!
★必要な知識が効果的に学べる!
★学内発表や院内発表に自信がつく!





仕様:144ページ/B5判/2色刷り/定価(本体 1,800円+税)/2016年7月発行



編著:國澤尚子(医療生協さいたま地域社会と健康研究所 副所長)



「明日からケーススタディが書ける」をコンセプトに,
考え方から,書き方,発表までを,ポイントを絞って解説.
実例紹介では,添削指導や講評を掲載し,学習効果を高めます.

【目 次】

Chapter 1 ケーススタディを始める前に
 [1] ケーススタディの3つの意味
  1) 事例検討
  2) 事例分析
  3) 事例研究
 [2] ケーススタディの目的
  1) 看護の考え方を学ぶ
  2) 看護実践を評価し,よりよい方策を見出す
  3) リフレクションにより「行為の中の知」を明らかにする
  4) 論理的な思考力を高める
 [3] ケーススタディの方法
  1) レポート
  2) カンファレンス
  3) 自分自身
 [4] ケーススタディの時間の向き

Chapter 2 ケーススタディを進めるためのステップ
 [1] 看護過程
 [2] テーマ設定
  1) 看護問題の設定の妥当性の検討
  2) ケアの方法の検討
  3) 状況の新たな解釈
  4) いろいろなテーマ
  5) テーマの書き方
 [3] 観察と記録
  1) 観 察
  2) 記 録
 [4] 情報の収集と整理
 [5] 倫理的配慮,インフォームド・コンセント

Chapter 3 ケーススタディの書き方
 [1] 表 紙
 [2] はじめに(または序論)
 [3] 事例紹介
 [4] テーマに関連したアセスメントと看護上の問題,看護目標
 [5] 看護の実際
 [6] 患者の反応・変化(看護の実践,実施・評価など)
 [7] 考 察
 [8] おわりに(結論)
 [9] 引用文献

Chapter 4 ケーススタディの実例紹介
 [1] 成人看護のケーススタディ①
 [2] 成人看護のケーススタディ②
 [3] 老年看護のケーススタディ
 [4] 小児看護のケーススタディ

Chapter 5 発表のコツ
 [1] 口頭発表
 [2] 発表資料の作り方
 [3] スライドの作り方
 [4] ポスターの作り方
 [5] 質疑応答時の対応

Chapter 6 ケーススタディの指導のポイント
 [1] 学生のケーススタディに対する指導者または教員の役割
  1) 実習とケーススタディの関係
  2) 実習と記録のサポート
  3) カンファレンス
  4) レポートへのコメントと面接
  5) ケーススタディの評価
  6) 指導の姿勢
 [2] 看護師のケーススタディに対するかかわり
価格
1,944円(税込)
(税抜価格1,800円)
販売中
PAGE UP
株式会社総合医学社