検索
[商品コード] 554


救急・集中治療
Vol 30 No1

仕様:176ページ/B5判/定価(本体 5,600円+税)/2018年1月発行

特集編集:小谷穣治(神戸大学大学院医学研究科 災害・救急医学分野)


【目 次】

 ●Introduction
  ・重症患者での栄養療法総論

 ●Guidelines Now―海外と日本のガイドラインの現況―
 ・重症患者における栄養療法に関する国内外のガイドライン

ベーシック編
 ●Case study 典型症例と診療のポイント
  ・Case 1:敗血症症例
  ・Case 2:外傷症例

 ●Q & A
  ・重症患者の栄養障害リスク評価法
  ・経腸栄養耐性の評価方法と腸管蠕動改善薬の意義と効果
  ・脂質:n-3 PUFAs と MCT の理論とエビデンス
  ・Arginine を強化した栄養剤の理論とエビデンス
  ・重症患者におけるGlutamine 投与の理論とエビデンス
  ・重症患者への蛋白質の投与量とそのモニタリング
  ・蛋白源としてのペプチドの意義
  ・Prebiotics, probiotics, synbiotics の種類,意義
  ・抗潰瘍薬
  ・東洋医学的アプローチ

アドバンス編―重症患者の輸液管理をワンランクアップさせるために―
  ・呼吸不全
  ・急性腎障害
  ・肝不全
  ・急性膵炎
  ・中枢神経障害
  ・高度肥満

トピックス編―その常識は正しいか?―
  ・静脈栄養(parenteral nutrition)―その常識は正しいか?―
  ・重症患者における経腸・静脈栄養の看護的な問題と対策―その常識は正しいか?―

価格
6,048円(税込)
(税抜価格5,600円)
販売中
PAGE UP
株式会社総合医学社